ボタン

夏のチカラ その後(5): 最終回 次ステージを目指すヒントを... 

  • 2018.08.14 Tuesday
  • -

今回は、最終回となります。

 

一番のターゲットは、高校球児ですが、3年生の皆さんにとっては

来年からの高校生活、今の現役生活に役立つものと考えています。

 

短時間ではありますが、そのメッセージには、実体験からしか言えない

発せられない、とても素晴らしいものとなっています。

 

是非、観て、見て下さい。

 

1) 第14回 石橋  貴明さん(お笑いコンビ : とんねるず)

 今や知らない人はいないぐらいのお笑い界のレジェンドですね。

 また、名門 帝京高校で「秘密兵器が秘密で終わった」という座右の銘も持ち合わす

 スーパースターですね。

 50人いた野球部の同期生も、最後は13人というあまりにも過酷な野球部生活をおくられた

 経験をお持ちで、レギュラーこそなれなかったものの後々の人生の礎(いしずえ)となった

 と振り返っています。

 大きな甲子園の舞台を目指した思いや時間は、勝っても負けても大切なものであり、一生の宝物なので

 大事にして欲しいと語られていらっしゃいます、

 

※ 当方の掲載による、著作権の侵害・妨害目的、営利目的はございません。

 

2) 第15回 松井  秀喜さん(東京読売ジャイアンツ → ニューヨーク・ヤンキース → ロサンゼルス・

 エンゼルス → オークランド・アスレチックス → タンパベイ・レイズ)

 

 甲子園史上 5回の敬遠と長嶋終身名誉監督と国民栄誉賞を同時受賞した野球界のレジェンドですね。

 当時の負けた悔しさはあるものの、この経験をバネに大きく成長したと振り返っています。

 また、自分のやりきった事を最後まで出し切るべきとのエールを送っていらっしゃいます。

 

※ 当方の掲載による、著作権の侵害・妨害目的、営利目的はございません。

 

 

3) 第16回 松坂  大輔さん(西武ライオンズ → ボストン・レッドソックス → ニューヨーク・メッツ

   → 福岡ソフトバンクホークス → 中日ドラゴンズ所属)

 

 言わずと知れた”平成の怪物”ですね。今年からは、新天地で中日ドラゴンズで未だ

 現役でプレーし、見事復活を果たしていますね。

 今もなお、語り継がれるPL学園との死闘が話題として取り上げられやすいですが、

 ベンチに入れなった仲間たちの献身的なサポートに強く感謝の気持ちをもって

 試合に出て、その仲間達の気持ちも背負って戦って優勝したとおっしゃられています。

 上手くなるため費やした時間は、その先の人生で必ず活かされるので強い気持ちを

 もって練習して欲しいとおっしゃれています。

 

※ 当方の掲載による、著作権の侵害・妨害目的、営利目的はございません。

 

皆さんの感想、思いはいかがでしょうか?

 

では、また



ボタン

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ボタン

最近の記事

ボタン

カテゴリー

ボタン

過去記事

ボタン

リンク

ボタン

プロフィール

書いた記事数:826 最後に更新した日:2018/09/23

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM